モビット 学生

他社借入を一本化

キャッシングを長く続けている方の中には、いつの間にか複数社の借入をしてしまった方が少なからずおられます。いわゆる、多重債務に陥っている人の事で、多重債務になってしまうと返済日や返済金の工面で毎日が追われてしまいます。多重債務から解放する方法として「おまとめローン」があります。

 

大手消費者金融では「おまとめローン」と言う商品が用意されていますが、「モビット」には商品として存在しませんが、口コミなどには「モビットでおまとめできて助かった」という書き込みも少なくありません。

 

おまとめで出来る事

おまとめローンは複数社の借入を1社にまとめる事で多くのメリットが生まれます。
  • 複数の返済日を1日にまとめられるので精神的な負担が少なくなる。
  • 借入金利が上限金利で借りている為、まとめる事で金利が下がる可能性が有る。
  • 新たな返済計画が立てられる。

というようなメリットがあります。

 

モビットでおまとめ

おまとめをする前に、確認しなければならない事があります。「モビット」はおまとめと言う商品がありません。ですから、総量規制の「顧客に一方的有利となる借換え」が出来ないので、基本的な融資限度額は年収の3分の1以内になり、それ以上の融資は出来ません

 

もし、現在の借入総額が年収の3分の1以下の場合、モビットで借り換える事も可能で、例えば、借入限度額が100万とした時に、借入総額が3社で100万だった場合、審査に通れば最終的に100万まで融資してくれます。

 

一時的に総量規制の枠を超えますが、おまとめ返済の為であるので、何とか融通をきかせてもらえるようです。

 

この時に、モビットから指示されるのは、貸付けたお金は必ず他社返済に充当し、返済した先のキャッシング会社の領収書を提示する事を義務付けられます。また、おまとめ終了後は、再度他社からの借入は厳禁になります。総量規制内での借入でなければならない事を考えた場合、当然のことといえます。

 

さすがに他社との契約を解約するように指示する権利は、モビットにはありませんので、モビットでおまとめして他社が完済した場合に、他社の解約を迫られることはありません。しかし、せっかくおまとめで1本化して、毎月の返済が身軽になったのですから、今後の借入総額を増やさない為にも、他社を解約することも良い方法だと思います。